/

この記事は会員限定です

世論の収束も役割のひとつ

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

ドイツの憲法裁判所の3回目です。イスラム教徒のスカーフ問題を取り上げます。思想信条を巡るあつれきは、法理論だけではなかなか解決しにくい課題です。ドイツではどう裁いているのでしょうか。渡辺康行著「『内心の自由』の法理」(岩波書店)を参考にして見ていきましょう。

キリスト教を前提にした統治体制

ドイツ憲法4条1項は「信仰および良心の自由(中略)は不可侵である」と定めます。日本国憲法20条1項の「信教の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2025文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

憲法改正をめぐるニュースが増えています。 憲法が果たす役割とは何でしょうか。今後どう改憲論議が進むのでしょうか。 このコラムでは実際の判例や歴史を交えて、憲法のわかりやすい「取扱説明書」をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン