/

この記事は会員限定です

地方鉄道、上下分離の議論を 那須野育大氏

大阪産業大学経営学部准教授(交通政策)

[有料会員限定]

近年、地方鉄道の廃止が相次いでいる。2000年に廃止の手続きが許可制から届け出制に簡素化され、人口減少の進む地方を中心に路線廃止が多くみられるようになった。ローカル線廃止は直近20年間で累計1041キロメートルに及ぶ。

こうした傾向に拍車をかけているのが相次ぐ自然災害、そしてコロナ禍である。20年7月の九州の豪雨で被災したJR肥薩線と「くま川鉄道」は、いまだ復旧のめどが立たない。また21年2月、J...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン