/

この記事は会員限定です

車の救急自動通報、じわり普及 「新たな標準装備」期待

[有料会員限定]

自動車事故で運転者らの死亡・重症確率を推定し、消防本部や病院に自動的に送信する救急自動通報システム「Dコールネット」の搭載がじわり広がってきた。救急隊や医療用ヘリコプター(ドクターヘリ)などの救命活動を早めるのが目的だ。「新たな標準装備」になる可能性を秘める。

2020年12月、関東地方で70代男性が運転する車が自損事故を起こし、助手席の70代女性が重傷を負った。システムは死亡・重症確率を84%と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン