/

この記事は会員限定です

欧州天然ガス危機の教訓  脱炭素、精緻な工程表欠く

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

天然ガスや液化天然ガス(LNG)の歴史的な高値が続いている。日本などアジア向けのLNGスポット価格は10月に指標のJKM(ジャパン・コリア・マーカー)が100万BTU(英国熱量単位)あたり50ドルを突破。アジア各国を見舞った寒波で争奪戦が激しくなり、30ドルを超えた1月の最高値を大きく上回った。危機の震源地である欧州ではロシアからのパイプライン供給がなお不透明だ。北半球各地が再び厳冬となる可能性も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1623文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン