/

この記事は会員限定です

胃がん手術後の食事の注意点 1日6回、1回の量は少なく

[有料会員限定]

年間約13万人がかかる胃がんは、すべてのがんのなかでも2番目に新規患者が多い。検診による早期の発見や内視鏡手術の発達が進むが、まだ胃を切除する手術を受けなければならない患者も少なくない。消化に欠かせない胃は切り取ると再生はしない。手術後の回復や快適な生活のために食事には注意が必要だ。

「手術後は、切除した臓器は元には戻らない。胃も元の大きさには戻りません。小さくなった胃での食生活に慣れることが必要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン