/

この記事は会員限定です

住友商事・兵頭社長「コロナ前の景気回復、年後半以降」 

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、バイデン米大統領が就任した。世界経済の回復や国際協調の行方について、住友商事の兵頭誠之社長に聞いた。

――足元の景気動向をどう見ていますか。

「経済活動はV字回復ではないが、想定したよりは底堅い。住商でも製造業に関わる事業が2020年後半から戻ってきている。ただし、ワクチン接種が進み、集団免疫の状態ができるのに半年程度かかるとすれば、コロナ前の水準に戻るのは21年後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン