/

この記事は会員限定です

寒波・LNG不足で電力危機 リスクの可視化欠かせず

編集委員 松尾博文

[有料会員限定]

寒波による電力の需給逼迫が続いた1月13日、卸電力市場のスポット取引価格は24時間平均で、1キロワット時あたり154円をつけた。15日夕刻には一時的に251円まで跳ね上がった。

売りが出ず、出ればすぐに買いが入った。要因は液化天然ガス(LNG)の在庫減少による火力発電所の出力低下だ。電力会社は慌ててLNG調達に動いたもののアジア全体で争奪戦となり、スポット価格は100万BTU(英国熱量単位)あたり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン