/

この記事は会員限定です

アリババの次はテンセント 中国当局のIT大手締め付け

編集委員 村山宏

[有料会員限定]

中国の規制当局がIT(情報技術)企業への締め付けを一段と強めている。当初はアリババ集団への締め付けが目立ったが、最近は騰訊控股(テンセント)を狙い撃ちにしている。ネットビジネスでの独占事業の排除や個人情報の保護が規制強化の理由だが、巨大化したIT企業をけん制する意図もあるようだ。中国のIT大手は閉じられた国内市場で独占を強める戦略により成長してきたが、そのビジネスモデルが揺れている。

Nikkei Views

編集委員が日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン