/

この記事は会員限定です

日本発コロナ治療薬へ期待 免疫学者・平野氏に聞く

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

英政府は1月初め、新型コロナウイルス感染症の重症者の治療に関節炎の治療薬「トシリズマブ」が有効だと発表した。免疫に関わる生理活性物質であるインターロイキン6(IL-6)の働きを抑える機能を持ち、大阪大学と中外製薬が共同開発した日本発の医薬品だ。IL-6を発見した免疫学者、平野俊夫・前大阪大学総長(現在は量子科学技術研究開発機構理事長)にIL-6について話を聞いた。

――IL-6はどんな働きを担っているのか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2214文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン