/

この記事は会員限定です

「ES」を高める「G」の強化 尾崎哲氏

野村証券顧問

[有料会員限定]

年金基金などの機関投資家からESG(環境・社会・企業統治)分野に巨額のマネーが流れ込んでいる。これを、いかにして企業の脱炭素化や従業員の地位向上につなげるか。EやSの追求のために働く社外取締役という新たなガバナンス(G)の設置を、資本市場に身を置く立場から提言したい。

新たなGのアイデアは早稲田大の教授だった岩村充氏が思いついたものだが、2つの点で実務家の問題意識と合致している。1つはESG投資に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン