/

この記事は会員限定です

「菜花」でレストランの魅力向上 ヒントは農家の食卓

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

どんな食材を選ぶかは、レストランが特色を出すうえで大きな要素になる。通常のルートでは入手できないような食材を使うことができれば、メニューの魅力は格段に高まる。生産者との密接なつながりを持っているかどうかがそのカギを握る。

JR武蔵浦和駅(さいたま市)の近くにあるイタリア料理店「トラットリア アズーリ」。シェフの阿部正和さんがキャベツの仲間の野菜、カーボロネロを取り出した。濃い緑色をした短い葉に囲ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン