/

この記事は会員限定です

今こそ人材の地方還流を

時流地流

[有料会員限定]

◆ごみの徹底した分別とリサイクル率の高さで有名な鹿児島県大崎町が2030年までに使い捨て容器を完全になくし、脱プラスチックを実現する目標を掲げている。県内の企業などと「大崎町SDGs推進協議会」を立ち上げ、低コストで環境に負荷がかからない容器の開発やその地域内での循環に向けて4月に実証実験を始めるという。

◆そのために活用するのが「人材派遣型」の企業版ふるさと納税だ。昨年10月に創設された仕組みで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン