/

この記事は会員限定です

データ革命とビジネス(6)  プラットフォーマーの誕生

滋賀大学教授 河本薫

[有料会員限定]

インターネットの恩恵で、企業間のデータ連携は技術的に容易になりました。部品メーカーと製品メーカーがデータ連携すれば、原料から製品までの履歴データを作ることができます。それを分析すれば、自社だけでは解決できなかった品質問題を解決できる可能性が高まります。

他社とのデータ共有には抵抗もあるでしょうが、ビジネスプロセスを統合的に考える方が有利な企業間では、競争原理はその抵抗を乗り越えるでしょう。それに伴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン