/

新型コロナが私たちに気づかせたものとは?

田中陽・日本経済新聞社編集委員 第1回(5月10日)

新型コロナウイルスは私たちに何を気づかせてくれたのでしょうか。

経済は労働(ヒト)、資源(モノ)、資本(カネ)で回ると言われてきました。しかし、コロナによって病院のベッドの数、ワクチンの量が経済を回す上で大きな影響を与えるようになってしまいました。このようなことは今まであったでしょうか。

ワクチン接種は始まったが、コロナ病床確保は行き詰まる=共同

コロナは、したたかです。私たちは人と話し合うことで互いを理解し合い、新たな価値を生み出してきました。交流は欠かせません。現状では人の流れを活発化させることは、コロナの思うつぼです。科学的な対応でなかったり、経済を優先させたりすると健康が脅かされます。

この一年、「コロナとの闘い」と言われ続けていますが、本当に「闘い」と向き合っていたのでしょうか。PCR検査の目詰まりに始まり、ワクチン接種に向けた環境整備の遅さは主要国に比べて顕著です。国と自治体の連携、医療機関との調整が円滑におこなわれていないことは明らかです。目指すデジタル化は逃げ水なのでしょうか。政治家や役人が不適切な飲食を繰り返すなど、我慢をしている国民の感情を逆撫(さかな)でしました。

昨年5月、この未来面で「コロナが私たちに突きつけているものは何か」について読者の皆さんから数多くの意見、提言を寄せてもらいました。今年は私たちを苦しめ、翻弄させているコロナから「何に気づき、何を学んだか」について考えてください。

マスク装着が日常化した=AP

コロナは、公衆衛生の大切さを再認識させてくれました。リモートワークは仕事の内容をあぶり出し、働き方改革を後押ししています。在宅時間の増加は家族との暮らし方も再認識させてくれたはずです。コロナ禍で住宅を売買した人は対面での長時間の説明や契約書などへのハンコを押す回数の多さに違和感を覚えたかもしれません。いろいろな制度が激変する社会に対応できていないことが浮き彫りになっています。「コロナが時間を早める」のは間違いないです。

地球規模の課題もコロナがきっかけとなり、国際的な紛争地域に緊張緩和をもたらすかもしれません。パキスタンは4月下旬、感染が急拡大しているインドに対して、人工呼吸器や医療用の防護具などを提供する方針を明らかにしました。インドへの支援の輪は広がっています。

東京などは3度目の緊急事態宣言下にあり、私たち一人ひとりが改めて行動変容を余儀なくされています。もうこんな暮らしはまっぴらです。そのためにもコロナから何を学び、何に気づき、それを読者の皆さんと共有し、より良き未来のために何をすべきかを考えていけたらと思っています。

(編集委員 田中陽)

田中陽・日本経済新聞社編集委員の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちらから。

■未来会議事務局から

未来面は読者や企業の皆さんと一緒に日本が抱える課題を考え、議論しながら作る紙面です。終息の兆しが見えない新型コロナウイルスとの闘いが続く中、私たちは何を大切にしながら、できることとできないことを決めるのでしょうか。これから、日本を代表する企業経営者らが、自らの問題意識を基に課題を出す予定です。読者の皆さんから課題解決につながる斬新なアイデアが出てくることを期待しています。

◇   ◇

未来面の新シリーズ「本当に大切なことは何か。」が始まりました。第1回の課題は「新型コロナが私たちに気づかせたものとは?」です。400字以内にまとめた皆さんからの投稿を募集します。締め切りは5月20日(木)正午です。優れたアイデアを選んで、31日(月)付の未来面や日経電子版の未来面サイト(https://www.nikkei.com/business/mirai/)で紹介します。投稿は日経電子版で受け付けます。電子版トップページ→ビジネス→未来面とたどり、今回の課題を選んでご応募ください。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン