/

この記事は会員限定です

中国、月探査で世界をリード 16日にもサンプル回収

編集委員 小玉祥司

[有料会員限定]

月の砂や石を採取して地球に持ちかえる中国の月探査機「嫦娥(じょうが)5号」が16日にも地球に帰還する。11月24日に打ち上げられた後、月着陸や砂などのサンプルの採取を順調に進めてきた。月探査では米国を中心に月面に宇宙飛行士を送るアルテミス計画が進むが、近年の実績は中国が世界をリードしている。これまで採取されていない新しい時代のサンプルを持ち帰る予定で、科学面でも主導権を狙う。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1539文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン