/

この記事は会員限定です

月や火星で暮らす 尿から水再生、地下に住居

[有料会員限定]

米国を中心に月探査の計画が進み、民間による月や火星の都市づくりの構想も活発だ。日本でも月面着陸を視野に入れた宇宙飛行士の募集が発表され、宇宙に人間が住む時代が間近に迫ってきた。ただ月や火星は人間が住むには厳しい環境が待っている。水や空気の確保、放射線対策など様々な研究が進められている。

「月の居住で一番の問題は放射線と隕石(いんせき)」。人類が宇宙で生活するための研究に取り組む東京理科大学スペース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン