/

この記事は会員限定です

6兆円を消し12兆円は残す 日銀ETF修正で逆発想も

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

今や最大の日本株保有者になったとされる日銀が、2021年3月をメドに上場投資信託(ETF)購入の方法を見直す可能性が高くなった。このほど実施を決めた金融緩和政策の「点検」の一環だ。

ETF保有額の膨張による副作用を抑えるため、市場安定時には購入ペースを思い切って落とせる枠組みに修正する可能性がある。午前中に株価が一定程度下落あるいは続落すると午後に日銀が動くという従来のパターンも変わるかもしれない。投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン