/

この記事は会員限定です

ポストコロナの消費行動 実店舗とネットのいいとこ取り

Global Economics Trends 編集委員 田中陽

[有料会員限定]

世界が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に襲われて2年が過ぎた。ワクチンの開発、治療法の進化など、ウィズコロナそしてアフターコロナへと社会が移行しはじめている。消費行動はコロナ禍でどのように変わったのか。米国の事例では実店舗が再認識され、ネットとリアルの融合が生活者には利便性の向上に、小売業者には収益源の拡大に、それぞれ寄与していることが分かってきた。

コロナ下のスター企業の転落

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン