/

この記事は会員限定です

中銀が緑のバスに乗る必然 時代の要請で変わる役割

編集委員 西村博之

[有料会員限定]

ツイン・チャレンジ(双子の挑戦)とも呼ぶらしい。気候変動と格差という2つの難題を前に、中央銀行の役割を問う議論がさかんだ。「中銀はよそ見せず本来の役割を果たせ」との声もある。だが本来の役割とは何だろう。

「先進国の中銀の役割は物価と金融システムの安定に集中しているが、かつてそうした役割はなかった」。日銀の黒田東彦総裁は会見でそう述べた。

実際、世界最古のスウェーデン中銀は政府への貸し付けと商取引の決済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン