/

この記事は会員限定です

イチゴで挑む有機栽培 環境対応で広がる新たな商機

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

環境に調和的な農業を実現するため、有機栽培を拡大すべきだとの機運が国際的に高まっている。日本の農政もこの潮流に乗ろうとしているが、農業経営者が向き合うべき課題もある。ビジネス感覚を磨き、経営を発展させることだ。

茨城県つくば市にある農場「ふしちゃんファーム」。栽培ハウスが49棟と、農薬や化学肥料を使わない有機農業では比較的大きな部類に入る。

育てているのは、コマツナやホウレンソウ、ロメインレタス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン