/

この記事は会員限定です

契約に「不可抗力条項」で備えを ロシアの侵攻で課題に

編集委員 渋谷高弘

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻に伴い、日本企業にとって契約における有事の「不可抗力」がキーワードに浮上してきた。両国との取引はもちろん、危機で生じた「すべての取引の契約不履行や遅滞」が対象となり得る。取引先との紛争となれば不可抗力を論証できるか否かに、責任の有無がかかってくる。

工作機械大手のDMG森精機は3月上旬、受注済みを含め、日本と欧州からロシアへの工作機械の輸出を停止した。同国西部のウリヤノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン