/

この記事は会員限定です

ブラックホールにデータ記録? 理研などがイメージ試作

科学記者の目 編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

重力が極めて強く光さえも脱出できないブラックホール。この天体を将来制御できるようになれば超大容量のデータ記録装置として使えるかもしれない――。こんな奇想天外なアイデアをもとに科学者やクリエーター、デザイナーらが協力し、蓄音機のような形をした「ブラックホール・レコーダー」というプロトタイプ(試作品)を作った。装置に記録した音声データを電波で実際のブラックホールに打ち込むことも計画する。新しい発想で科...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1632文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン