/

この記事は会員限定です

「幸せ」を語り投資マネーを引きつけよう

一目均衡 編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

投資の基礎をなす重要な要素は「リスク」と「リターン」。ESG(環境・社会・ガバナンス)を重視する運用者であれば、第3の要件として「インパクト」を加えることもある。投資が直接もたらす金銭上の利得だけでなく、ひろく社会にどんな影響を与えるかを重視する考え方だ。

欧州で資産運用や企業経営にたずさわる方々と話すと、「インパクト」の代わりに「ウェルビーイング」という言葉を耳にすることが増えた。簡略に訳せば「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1814文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン