/

この記事は会員限定です

室町ケミカルの青木社長「104年目の株式上場」

ラジオNIKKEIマーケットプレス インタビュー

[有料会員限定]

新規株式公開といえば、ネット系やIT(情報技術)ビジネス、社名もカタカナやアルファベット表記が多い印象だが、2月26日にジャスダック市場へ上場した室町ケミカルは、創業が1917年(大正6年)の福岡県を地盤にする老舗製薬会社だ。これまで100年以上、株式非公開だった室町ケミカルがなぜ今、上場に踏み切ったのか。調達資金の使途や今後の株主還元などについて、ラジオNIKKEIの「マーケットプレス」と共同で、青木淳一社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン