/

この記事は会員限定です

水道・シューズ発のスーツ 市場の閉塞、よそ者が破る 

通勤スタイル革命㊤

[有料会員限定]

時代の節目に伴い、消費スタイルの定型は崩れていく。環境志向の高まりを受けたクールビズでネクタイルックが廃れ、3月11日で発生10年になる東日本大震災では女性のヒールが低くなり、スニーカースタイルが急増した。

新型コロナウイルスの感染拡大で、割を食ったのは言うまでもなくスーツだ。象徴的なニュースが青山商事が専門店の約2割にあたる約160店を閉鎖するという動きだが、一方で新たな通勤着スタイルが定着しつつある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン