/

この記事は会員限定です

資生堂、日用品売却の必然 ブランド経営迷走で原点へ

編集委員 中村直文

[有料会員限定]

資生堂がヘアケア商品「TSUBAKI」や男性用「uno(ウーノ)」など日用品事業を海外の投資ファンドに売却する。主力の化粧品に経営資源を集中し、連結売上高の70%近くを占める海外を中心に成長戦略を進めるためで、平成以前の「原点に戻る」(魚谷雅彦社長)という意味合いもある。

昭和の資生堂は化粧品の再販価格制度に守られ、一時は2万店を超える専門店と百貨店での対面ビジネスが中心だった。だが1990年代、規制緩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン