/

この記事は会員限定です

コロナが迫る首長交代 保守分裂で閉塞感打破

編集委員 斉藤徹弥

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

24日の岐阜県知事選は保守分裂の激戦になった。自民党政権が長期化する中、保守系首長は安定感を訴えて多選を重ねてきたが、多くの地域は人口減少や景気の低迷から抜け出せていない。コロナ禍は安定感の陰でくすぶっていた地域の閉塞感を表に出し、各地で保守陣営を分裂させて首長に交代を迫る。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

自民党が県内の選挙区選出の国会議員を独占する県は「保守王国」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン