/

この記事は会員限定です

就農者のワインづくりを応援、醸造技術とブドウ畑を提供

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

長野県上田市。町並みを遠くにながめる高台の一画に、ブドウの木が一面に植わっていた。ワインをつくるのに適した欧州系の品種だ。「優しい味わいで、うま味のあるワインをつくりたい」。農場を運営する田口航さんはそう話す。

田口さんは現在、38歳。アイルランドのウイスキーを楽しむアイリッシュパブを知るため、大学時代にワーキングホリデーで現地に行くほどお酒の文化の魅力に引かれてきた。卒業後はいったん商社に勤め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン