/

この記事は会員限定です

発明支援や異業種人材の登用 知財先進企業の知恵を聞く

(更新) [有料会員限定]

2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)は、知的財産(知財)や「人財」ともいわれる人的資本への投資の重要性を指摘し、取締役会に実効的な監督や開示を促した。知財や人への先進的な取り組みで知られる明治ホールディングス(HD)とナブテスコの担当役員に、それぞれの戦略のポイントを聞いた。(聞き手は編集委員 渋谷高弘)

明治HDの谷口茂執行役員 「異業種から知財幹部登用」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン