/

この記事は会員限定です

伊勢丹、研究所閉じ復活期す デジタル時代の消費に適応

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングス(HD)、とりわけ伊勢丹の成長を支えてきた組織と店舗がこの春、ひっそりと幕を下ろした。昭和、平成の流行を主導し、伊勢丹新宿本店をファッションで埋め尽くし、売上高で世界一に押し上げた原動力となった三越伊勢丹研究所と、かつて提携関係にあったバーニーズ・ニューヨーク新宿。2つの歴史を遡れば昭和と平成の消費社会が垣間見え、令和へのアンチテーゼが見えてくる。

「時代が変わったということでしょう」。伊勢丹元幹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1874文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン