/

この記事は会員限定です

多様化する寄付、コロナ禍で意識変化

 

[有料会員限定]

店舗の片隅に置かれた箱には乾麺やレトルト食品、缶詰などが入っていた。大阪市鶴見区の生協、おおさかパルコープつるみ店。「箱がいっぱいになってしまうときもある。協力してくれる人が増えています」と職員の一人は話す。

パルコープは家庭で消費しない食品を組合員に寄付してもらい、大阪市内や周辺市のこども食堂に運んでいる。最初は賞味期限の関係などで店頭販売や配送ができなくなった食品を無償で提供してきたが、取り組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り947文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン