/

この記事は会員限定です

西友と無印の新・創業 資本の論理 vs.人間の論理

編集委員 中村直文

[有料会員限定]

2021年は新型コロナウイルスを克服する「第二、あるいは第三の創業期」と位置づける経営者は多いだろう。西友と、同社のPB(プライベートブランド)商品から派生した良品計画も時を同じくして新たな創業に踏み出す。

00年代に経営不振から米ウォルマートの傘下に入った西友。ウォルマート流のEDLP(毎日が安売り)を導入し、ディスカウントストア路線に転換した。日本経済はデフレ色が強まり、イオンやセブン&アイ・ホールディング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン