/

中小企業がVUCA社会で発展するためには?

北原睦朗・大同生命保険社長(6月6日)

1902年に3つの生命保険会社が合併し、大同生命保険が誕生しました。2022年の今年は創業120周年にあたります。

実はさらにその前史があります。初代・広岡久右衛門正教が江戸時代初期に興したと伝えられる大坂の豪商、加島屋が大同生命の原点です。長い歴史の中、大きな危機がありました。加島屋は多くの大名に資金を貸し付けていましたが、明治維新後の廃藩置県で債権がすべて「なかったもの」とされ、回収できなくなりました。両替商の加島屋は生き残りをかけて生命保険業に参入します。そこには連続テレビ小説「あさが来た」(NHK)でヒロインのモデルとしても有名になった広岡浅子らの尽力もありました。

1960年代には別の危機に直面しました。日本では個人向け生命保険の世帯普及率が90%を超え、業績を伸ばし続けるのが難しくなりました。70年代に入り、大同生命は提携団体との出会いを通じ「中小企業をお支えする」という社会的使命をいただき、今日に至る独自のビジネスモデルを構築しました。

今や中小企業もDX(デジタルトランスフォーメーション)やSDGs(持続可能な開発目標)といった社会的課題への対応が求められるようになりつつあります。大企業よりも機敏に動けるのが強みの中小企業も、戸惑う場面があるかもしれません。いかに商品の品質や性能が優れていても、使用電力が化石燃料由来かどうかまで問われる時代になれば、環境対応が不十分という理由で世界のサプライチェーンから排除されかねません。

私たちが実施した「大同生命サーベイ」では、中小企業経営者の多くがSDGsに関心を示し、7割が「対策をしている」または「対策をしたい」と答えました。大同生命は米起業支援大手のプラグ・アンド・プレイと協働し、SDGsに貢献する多様な事業計画・技術を持つ企業と中小企業との取引機会を設けました。

経営者が倒れても大企業ならすぐに後継者を選出できますが、中小企業では難しいのが実情です。従業員も同様でなかなか交代要員がいません。健康で元気でいることは中小企業にはサステナブルの必須条件です。大同生命は「健康経営」を推進し、忙しい経営者の代わりに「健康管理センターの役割を果たせたら」と考えています。

世界では新型コロナウイルスまん延やロシアのウクライナ侵攻など想定外の出来事が起きました。先が見通せない「VUCA(ブーカ=変動性・不確実性・複雑性・曖昧性)社会」が到来し、DXやSDGsと化学反応しながら世の中は動いていきます。

大同生命は引き続き、保障で中小企業をお守りし、中小企業が抱える色々な課題の解決支援にも取り組みます。これまで複数の大学で中小企業経営者向けの寄付講座を開設してきましたが、今後は中小企業の従業員や中小企業で働きたいと考える学生等を対象にした講座も追加していきます。

「VUCA社会」はいや応なしに変化をもたらします。この状況の中、産業界の基盤を支える中小企業が未来に向けて発展していくために必要なことは何なのか。読者の皆さん、たくさんのアイデアをお寄せ下さい。お待ちしています。

北原睦朗・大同生命保険社長の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちら(https://esf.nikkei.co.jp/mirai20220606/)から。

編集委員から

大同生命保険はDX(デジタルトランスフォーメーション)を重視し、本社・支社の内務職員を対象に「ITパスポート試験」の合格を義務付けています。北原睦朗社長も「周囲は若い人ばかりで、白髪交じりは私だけ」という試験会場で受験し、合格しました。

大同生命として120年、前身の加島屋から数えれば約400年の歴史を持つ長寿企業といえども、デジタルネーティブ世代が打ち出す全く新しい発想を受け止めるには全社的な情報武装が必要です。前例踏襲が通用しない「VUCA社会」となり、こうした試みは中小企業でも重要性を増します。「人工知能(AI)でも予測できないような突発事に対応できるのは人だけ」と北原社長は説きます。まず人ありきなのです。

「中小企業白書」によると、中小企業は非1次産業の雇用人口のうち約70%を占めます。また、中小企業には各地でそれぞれの地元有力会社という側面があります。大同生命は中小企業にセーフティーネットを提供することで、間接的に地域経済をも支えています。(編集委員 竹田忍)

◇   ◇

今回の課題は「中小企業がVUCA社会で発展するためには?」です。400字程度にまとめた皆さんからの投稿を募集します。締め切りは6月13日(月)正午です。優れたアイデアをトップが選んで、27日(月)付の未来面や日経電子版の未来面サイト(https://www.nikkei.com/business/mirai/)で紹介します。投稿は日経電子版で受け付けます。電子版トップページ→ビジネス→未来面とたどり、今回の課題を選んでご応募ください。

未来面

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン