/

この記事は会員限定です

稲作の未来を先取り 農協と生協が環境配慮でタッグ

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

農林水産省が、農薬と化学肥料の使用を減らそうと旗を振り始めた。環境に優しい農業の実現を目指す国際潮流に合わせるためだ。日本でそれを本格的に進めるには、地域を挙げた取り組みが不可欠になる。農協がそのカギを握る。

新潟県阿賀野市に広がる水田地帯。透き通るような秋晴れの空の下で、コンバインがエンジン音を上げながら進み、真っすぐに稲を収穫していった。

機械が通った後の田んぼを歩いてみた。すると刈り込まれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン