/

この記事は会員限定です

投機筋のドル売り一服? 年末年始に乱高下リスクも

[有料会員限定]

年末が迫るなかで、ヘッジファンドによる対ドルでの円買いやユーロ買いが細ってきた。日米欧の金融政策会合や米国の追加経済対策などの注目材料が出尽くし、新年に向けて持ち高の偏りを調整しようとドルにいったん資金を戻しているからだ。ファンド勢が新たな売買に動きやすくなる面もあり、取引が極端に細る年末年始に相場が乱高下するリスクも増している。

米追加対策法案の可決を受けた22日の米国市場。株式市場では、対策へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン