/

この記事は会員限定です

カタール、LNGの3兆円増産に勝算はあるか

編集委員 松尾博文

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中東産油国のカタールが液化天然ガス(LNG)の生産量を4割引き上げることを正式に決めた。287億ドル(約3兆円)を投じる増産には、圧倒的な競争力をテコにLNG大国の地位を盤石なものにする戦略がある。脱炭素が加速する中での巨額投資は世界的な需給の構図を変える可能性も秘める。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

斬新な高層ビルが林立する首都ドーハでも、カタール国営石油会社(Q...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2243文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン