/

この記事は会員限定です

政治と科学、役割整理 東大教授・武藤香織氏

展望コロナ時代(4)

[有料会員限定]

需要喚起策「Go To キャンペーン」の停止をめぐり政府と専門家の間の関係がギクシャクした。科学と政治の間の間合いがうまくとれていないようにみえる。新型コロナウイルス感染症の第1波に対処した専門家会議のころから、コミュニケーションの課題を指摘し続けている武藤香織・東京大学教授に聞いた。

――感染拡大が止まらず、新型コロナウイルス感染症対策分科会がやや迷走気味に見えます。

「専門家の提言を政府がそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン