/

この記事は会員限定です

経済に切り込む外事警察 企業情報が「国益」に

編集委員 坂口祐一

[有料会員限定]

相次ぐ企業の営業秘密や研究成果の海外流出について、スパイや国際テロ事件の捜査にあたる外事警察が摘発に向けた体制を強化している。他国の「国家的意思」がうかがわれる事例が目立ち始めており、「国益を損なう事態」と警戒する。国際的に強まる経済安全保障の取り組みを見据え、捜査の面から支える。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

全国の警察の外事部門を統括する警察庁外事課は4月から、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン