/

この記事は会員限定です

年金抑制、コロナの影 増額へ長く働く選択肢

[有料会員限定]

2021年度の年金額がこのほど発表された。16年に決まった財政悪化を防ぐ新ルールが初適用され、20年度に比べ0.1%減となる。年金額はどのように決まり、新型コロナウイルスによる経済の変化はどう影響していくのか。年金抑制時代に個人は年金額をどう上積みすればいいかを考える。

新ルールを適用

年金額は2段階で改定する。物価・賃金の変化を反映する本来の改定と、高齢化に対応するため伸びを調整するマクロ経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2550文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン