/

この記事は会員限定です

復活の鍵は「通研」にあり 電機業界生き残りの条件

若林秀樹 東京理科大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○米中摩擦は日本のハイテク復活の好機に
○R&Dは原理究明と問題解決双方が必要
○仮想的研究開発プラットフォーム実現を

米中摩擦は、米国がハイテク分野で過度に水平分業、効率化を進めた結果、モノづくりやR&D(研究開発)を中国や台湾などに依存し、安全保障上の問題に発展したことが背景にある。高速通信規格「5G」の基地局、EV(電気自動車)のリチウムイオン電池のメーカーはない。材料や金属加工も弱く、有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2562文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン