/

この記事は会員限定です

在来小豆の「娘来た」 地域を守るニッチの魅力

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

「地産地消」が大切といわれるが、食材に魅力がなければ根付かない。取れたてで新鮮なのは、どの地域にも共通の価値。もし地元ならではの食材を活用できれば、地産地消はもっと盛り上がり、地域の食と農が元気になる。

茨城県日立市にあるドイツパンと洋菓子の店「ローゼンブルク」。開店前のパン作りがテキパキと進む傍らで、赤と白のまだら模様の小豆が、金属製の鍋の中でぐつぐつ煮立っていた。パンに使うあんこを作っている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン