/

この記事は会員限定です

「東大改革、学生数半減も選択肢」浜田純一・元東京大学長

教育岩盤 私の見方

[有料会員限定]

変化を嫌う日本の学校教育の典型が、30年以上前から議論されながら広がらない秋入学への切り替えだ。東京大学の秋入学全面移行を2012年に提案した浜田純一元学長は「世界トップを目指す最後のチャンスと思った」と振り返る。

――全面移行を提案した理由は。

「狙いは国際的な学事暦に合わせることと、受験勉強中は限られていた視野や経験を思い切り広げることだった」

「海外と自由に行き来するようになると新鮮な学び...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

教育岩盤

「岩盤」のように変化を忌避する日本の学校教育。新しい試みに背を向けたままでは、国際化やデジタル技術の進展、新型コロナウイルス禍という時代の転換期をけん引する人材は育たない。「教育岩盤」の実態と打破をめざす動きを追った。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン