/

この記事は会員限定です

高齢者のフレイルを防ぐには 飯島勝矢氏

東京大学高齢社会総合研究機構教授(老年医学)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行による自粛生活が長期化し、自宅に引きこもる高齢者がフレイル(虚弱)に陥るリスクが高まっている。

フレイルとは、加齢に伴い心身の機能が落ちていく老いの過程で、要介護・寝たきりとなる手前の状態だ。2014年に日本老年医学会が提唱した。

活動量の低下によって筋肉量が落ちる「身体的衰え」だけでなく、認知機能障害・うつなどの「精神・心理的問題」や、社会とのつながりが薄くなることによ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン