/

この記事は会員限定です

同性婚、法制化の好機 柳沢正和氏 

ゴールドマン・サックス証券プライム・サービス部長

[有料会員限定]

国が同性同士の結婚を認めないのは、婚姻の自由を保障する憲法24条や法の下の平等を保障する憲法14条などに違反しているとして国に対して損害賠償を請求した「同性婚訴訟」は3月、札幌地裁で初の判決が下された。憲法14条違反を認定し、原告の主張を認める画期的な判決となった。パートナーと法律上の家族ではないことに伴い、LGBTQ(性的少数者)当事者が抱えてきた困難の解決に向け、国会での民法改正の議論が急がれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン