/

この記事は会員限定です

ポカリ、40年前は「薄かった」 啓発と我慢で市場創造

味は世につれ㊤ 

[有料会員限定]

消費の面白いところは、時代で基準ががらりと変わることだ。パンツが太くなったり、細くなったり、ダサいといわれたタレントや地方のマスコットが人気者になったりと数え切れない。そんな価値観の変転を体現したのが、発売から約40年が過ぎた大塚製薬の「ポカリスエット」や「カロリーメイト」だろう。

ポカリは商品開発担当者が海外出張で水にあたり、「体にすぐに吸収される飲料の開発ができないか」と考えたのがきっかけで生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン