/

この記事は会員限定です

[社説]米技術見本市が示した新潮流

[有料会員限定]

世界最大のデジタル技術見本市「CES」が14日閉幕した。コロナ禍を受けて初のオンライン開催を迫られ、産業界の新常態への対応が問われる内容になった。

CESは例年、世界から4千社以上が出展して米ラスベガスで開催される。今年は記者会見や製品発表などすべてがネットで配信された。出展企業は半減し、トヨタ自動車など多くの日本企業も参加を見送った。

それでも会期中の発表からは、これからの技術潮流が示された。その一つが、コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン