/

この記事は会員限定です

文理融合に高まる期待 想定外の難問に挑む

読むヒント 「教養」復活も後押し

[有料会員限定]

文理融合が進んでいる。自然科学と人文社会科学などの分野を越えた研究活動や人材育成が活発になってきた。これまでの枠組みでは、地球環境など複雑なテーマに取り組むのが難しくなってきたからだ。流れは加速するのか。歴史を振り返りながら、考えたい。

日本には江戸以来、西洋の新しい学問が次々に流入した。明治以降も自然科学を中心に専門化が進み、徐々に文系と理系の区別がでてくるが、初めは分野を分けずに修めた人も多い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン