/

この記事は会員限定です

原油相場の波乱 世界経済のリスク

一目均衡 編集委員 志田富雄 

[有料会員限定]

米原油先物(期近)の変動幅は昨年、軍事衝突の寸前となった米国とイランの対立が押し上げた1月の1バレル65㌦台から4月のマイナス40㌦台まで106㌦近くに達した。金融危機で史上最高値の147㌦台から32㌦台まで転げ落ちた2008年の115㌦弱に次ぐ大きさだ。

年央から相場は回復し、22日終値でも52㌦台と安定している。しかし、原油市場には相場を急に上昇、下落させるリスクがいくつもある。

原油相場を回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン