/

この記事は会員限定です

記録と記憶、世界の教訓に 東日本大震災10年

アンドルー・ゴードン ハーバード大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○3.11の悲劇を理解し将来に伝える必要
○災害意識し対策練った歴史が人命を救う
○世界でも多くの人が教訓を学ぼうと注目

10年前、筆者は日本で起きた未曽有の事態に大きなショックを受けた。その日のうちにわかったのは、日本が2重の災害に見舞われたことだけだった。マグニチュード9.0の大地震と東北の三陸海岸を襲った破壊的な津波だ。

その後数週間で、2万人近い人命が失われたことを世界中の人々が知った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2654文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン