/

この記事は会員限定です

社会課題解決の新手法(5) 成果連動のまちづくり

龍谷大学教授 深尾昌峰

[有料会員限定]

インパクト投資をまちづくりに活用する動きもあります。英国が発祥で、日本でも2015年ごろから導入が始まったソーシャルインパクトボンド(SIB)もその一つです。

SIBは成果連動型の投資手法で、日本においてはヘルスケア分野を中心に多くの事例が見られます。一例が大阪府豊中市の禁煙支援プログラムです。スマートフォン専用アプリを活用して、看護師などの医療資格保有者によるオンライン面談、禁煙補助薬の配送など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン